1. HOME
  2. 最近の女

最近の女

スカウトマン<

私は都内の某地区でスカウトをしているスカウトマンです。ちょっと前に終わった新宿スワンとかあったけど、あんなドロドロした、怖い話しは結構漫画の中だけなのかなって思ってたけど、以外に結構本当にあういうシラバみたいなことがあったりもします。けど、先輩方に話しを聞いてみると本当に昔はもっともっと凄かったようで、新宿スワンさながらだったらいしです。そんな頃だったら私はやっていなかったでしょう。

そんな話はさておき、最近本当に夜の世界で働く女性が格段と増えていてびっくりしています。今はスカウトマンが稼げなくなった、なんていう人もいますが、単純にスカウトマンの存在が、マンガなどで大きく浸透したことで本来誰でも出来る仕事でないのに、簡単に始められるようになり、一瞬そういった人間たちでも稼げたものの、やっぱり結果として最後まで残らなかったり、誰でも出来る本来仕事ではないから、元有るべき形に戻ってきただけなんです。逆に今ではその商品となる女性の数が年々増えているほどです。

男性と比べて女性はいくつになっても風俗で働こうとする人がいるのと、意外にその需要が高かったりする。若い世代から幅広い60代後半くらいまで働き手が多く、恐らくこの不況の影響か、風俗に手を染める女性が半端じゃなく多い。多分世の男性は知らないだろうが、世の中の女性の中で、売りなどを含めそういった風俗関連のことを一切やったことがない女性の数は全体1、2割程度しかいない。これを知ったらほとんどの男性は女性を信用することはできなくなるだろう。

ガールズバーやキャバクラ

さらに、怖いのが風俗嬢は勿論のこと、ガールズバーやキャバクラで働く女性のほとんどが避妊薬を持参している。なぜかわかります?それは、好きなときにセックスが出来るようにするため。さらに、生でないと気持ちよくないから、避妊薬を予めもっているとのこと。まあ全員が全員そういうわけじゃないっていう人がいる。

低容量ピルを飲んでいる女性は、生理をの期間を定期的に定めるため、だとか。でも、低容量ピルを飲んでいる女で中出しをさせてくれない女は今迄経験上いない。単純にそれを言い訳にして、私はヤリマンではないといいたいだけ。逆に、アフターピルを持参してる女の方が話も早いし、肝が据わっていたりする。アフターピルを持ってるからセックスをしよう、と今では男を女が誘う時代になってきている。少しこんな性が乱れた社会が今後どうなっていくのか楽しみでもあるが、ちょっと今のこの世の中は女性に対して甘すぎるのと、こんな状況が進んでいくかと思うとギョットしなくもない。

海外医薬品の通販
メニュー
避妊とアフターピル
避妊薬の基礎知識
最近の性事情
トリキュラーは3相性の低用量ピル