アフターピルの値段

アフターピル(緊急避妊薬)とは、望んでいない妊娠をしてしまった際に使用する緊急用の避妊薬のことです。アフターピルを購入する方法としては現在通販と病院の2つが存在しますが、通販にて購入した方が断然お得です。
このサイトでは通販での購入することが可能なアフターピル、ピル(低用量ピル)の値段など紹介する他、通販で購入することによるメリット、基本的なアフターピルことについても解説していきます。

アイピル

アイピル

アイピルはノルレボのジェネリック医薬品として有名なアフターピルです。インドのPiramal Healthcare社から発売されており、性行為後の72時間以内に1錠服用します。アイピルは、病院などでも処方されており有用性・安全性が共に認められた有効成分のレボノルゲストレルを使用しています。そのため副作用が少なく、その妊娠阻止率は約84%と高い避妊効果を持っていることが特徴です。


アイピルの値段
■産婦人科:10,000円前後
■通販:1箱×1.350円~


アイピルの口コミ・評判


アイピルの通販はこちら>>

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72

マンカインドファーマ社から発売されたアンウォンテッド72は、ノルレボのジェネリック医薬品となっており効果・効能・飲み方などはアイピルなどと同様です。避妊成功率は24時間以内の服用で約90%です。

アンウォンテッド72の値段:1箱×1.140円~


アンウォンテッド72の口コミ・評判


マドンナ

マドンナ

マドンナはノルレボのジェネリック医薬品となっています。マドンナは日本ではまだあまり知られてはいませんが、海外では一般的に使用されているアフターピルです。また低用量ピルとしても使われることがあります。開発元はバイオファーマ社です。12時間以内の服用での避妊成功率は約99%と高い避妊成功率を持っています。

マドンナの値段
■産婦人科:10,000円前後
■通販:1箱×1.140円~

※病院ではノルレボの薬代に加えて診察代もかかります。


マドンナの口コミ・評判


ノルレボ

ノルレボ

ノルレボは日本で初めて認可されたアフターピルです。ノルレボを使用した緊急避妊法はWHOの必須薬に指定されています。避妊成功率は約84%です。

ノルレボの値段
■産婦人科:19,980円前後
■通販:1箱×3.320円~

※病院ではノルレボの薬代に加えて診察代もかかります。


ノルレボの口コミ・評判


ノルレボの通販はこちら>>

エラワン

エラワン

アフターピルは通常の場合、性行為をしてから72時間以内までには服用する必要がありました。しかしエラワンは 性行為後5日(120時間)以内に1錠服用で避妊することが可能です。開発元はフランスの製薬メーカーであるLaboratorie HRA Pharma社となっています。1錠のみの服用で良く避妊効果も他のものよりも長い為オススメです。

エラワンの値段:1箱×4.950円~


エラワンの口コミ・評判


エラワンの通販はこちら>>

エラ

エラ

エラは先ほど紹介したエラワンのジェネリック医薬品です。発売元はトルコの大手製薬会社のAbdi ibrahim社です。エラワンと同様に性行為後の5日(120時間)以内に1錠服用で避妊効果を得ることができます。避妊成功率は3日以内で約95%5日以内では85%となっています。

エラの値段:1箱×4.950円~


エラの口コミ・評判


アフターピルの通販はこちら>>

ポスティノール2

ポスティノール2

ポスティノール2は、日本ではノルレボの商品名で処方されているアフターピルです。従ってその成分、効果などはノルレボと同様のものとなっており、性行為後の72時間以内の服用で避妊することが可能です。

ポスティノール2の値段:1箱×2,070円~


ポスティノール2の口コミ・評判


ノルパック

ノルパック

ノルパックは、タイの製薬会社ABCA Pharma Lab社から発売されているノルレボ錠のジェネリック医薬品です。黄体形成ホルモンの分泌を抑えることで、受精を防ぎ避妊効果が得られます。ノルパックの理想的とされる服用タイミングは24時間となっており、また半日以内に服用することで約90%以上もの避妊効果が期待できます。

ノルパックの値段:1箱×1,280円~


ノルパックの口コミ・評判


ピルの値段

通販で購入することが出来るピルの特徴や値段を紹介します。ピル(低用量ピル)とは、避妊に失敗してしまった後に服用するアフターピルとは違い、定期的に服用し避妊をするという薬です。



マーベロン28

マーベロン28

マーベロンは安全性が高く副作用が少ないため、多くの産婦人科で処方されている避妊薬です。またマーベロンにはマーベロン28とマーベロン21の2つのタイプがあります。2つの違いとしては、マーベロン21は21日間飲み続け7日間休薬してまた飲み始めます。対してこのマーベロン28は、飲み忘れ防止のためのブラセボ錠が入った28日間服用するタイプとなっています。

マーベロン28の値段
■産婦人科:3,024円前後
■通販:1箱×1,300円~

※病院ではマーベロン28の薬代に加えて診察代もかかります。


マーベロン28の口コミ


>>低用量ピルの通販はこちら

トリキュラー28

トリキュラー28

トリキュラー(有効成分:レボノルゲストレル、エチニルエストラジオール)はバイエル社が開発したホルモンバランスを自然に近い状態で調節する身体にあまり負担がない3相性タイプの低用量ピルです。飲み忘れ防止の為のプラセボ錠が7錠入ったこのトリキュラー28の他に21錠タイプがあります。乱れた生理周期の改善や生理痛、PMS(月経前症候群)が軽減など避妊以外にも様々な効果を持っています。

トリキュラー28の値段
■産婦人科:2,300円前後
■通販:1箱×1.200円~

※病院ではトリキュラーの薬代に加えて診察代もかかります。


トリキュラーの口コミ


>>トリキュラーの通販はこちら

ダイアン35

ダイアン35

ダイアン35は小柄な日本人向けに作られているため、副作用などが現れにくく飲みやすい低用量ピルです。飲み方はその他のピルと変わらず1日1錠を21日間を服用し、その後7日間の休薬期間を設けます。

ダイアン35の値段
■産婦人科:4,320円前後
■通販:1箱×1,500円~

※病院ではダイアン35の薬代に加えて診察代もかかります。


ダイアン35の口コミ


ヤーズ

ヤーズ

ヤーズは、ピルの中でも新しい第4世代の 超低用量ピルです。主に月経前症候群や生理痛の緩和に使用されますが、避妊効果もあります。

ヤーズの値段
■産婦人科:3,500円前後
■通販:1箱×2,700円~

※病院ではヤーズの薬代に加えて診察代もかかります。


ヤーズの口コミ


アフターピルは通販で安く購入できる

夕焼け

アフターピルは産婦人科やクリニックだけではなくネット通販でも購入可能です。アフターピルを産婦人科やクリニックで処方してもらう場合、保険が適用されず自由診療となってしまいます。 そのため全額自己負担となり病院によって異なりますが、およそ5,000円~20,000円です。さらにそれに加え交通費や時間とその他のコストもかかってきます。

対して通販は産婦人科やクリニックに比べ、かなり安い値段で購入することが可能です。また24時間いつでも注文可能となっており自宅まで届けてくれます。アフターピル、低用量ピルを通販で購入するメリットを大きく7つに分けて紹介します。


1. 産婦人科よりも安い値段で購入ができる!

紹介したとおり、通販では産婦人科やクリニックよりもアフターピルをかなり安い値段で購入することが可能です。また産婦人科では薬代に加えて診察代、交通費、時間などもかかってきます。通販では送料とアフターピルの代金だけで済むのでとてもお得です。


2. 処方箋なしで購入できる!

個人輸入を代行する通販サイトでは、医薬品をを処方箋なしで購入が可能です。


3. 事前に購入&まとめ買いができる!

病院では医師が定めた量だけしか処方されません。しかし、通販では自分が欲しい数量を規定量の分だけまとめて購入することができます。また事前に購入することができるので「避妊に失敗したが、理由があって病院に行けない...」というもしもの時も望まない妊娠を防ぐことが出来ます。


4. 誰にも気づかれずに購入できる!

病院と違い通販では誰にも知られずにアフターピルを購入することが出来ます。もし 周りの人に知られたくないのであれば通販での購入がオススメです。


5. 24時間いつでも注文することが可能!

通販では24時間注文が可能となっています。よってなかなか病院に行くことができない忙しい方にもオススメです。


6. 種類豊富に取り揃えられている!

アフターピルをはじめ通販サイトでは多種多様な薬を取り扱っています。中には日本では手に入らない薬やサプリメントも購入することもできます。


7. ジェネリック医薬品を選択でさらに安く購入!

ジェネリック医薬品とは先発品と同じ成分を使った後発医薬品のことです。先発品よりも開発期間が短く、コストが抑えられるため安く購入することが出来ます。通販ではジェネリック医薬品も多数取り扱っているのでジェネリックを選択することでさらに安い値段で購入が可能です。


アフターピルを通販で購入するメリットまとめ

<価格の安さ>

通販→安い値段で購入が可能!

産婦人科→自由診療の為保険が適用されず高額になることが多い。

■産婦人科:13,700円
■通販:3,320円

※アフターピル(ノルレボ)の場合



<種類の豊富さ>

通販→ジェネリック医薬品など種類豊富に取り揃えられている!

産婦人科→その産婦人科にある薬しか処方してもらえない。



<購入のしやすさ>

通販→24時間いつでも注文ができる!

産婦人科→診察時間内でしか処方してもらえない。



<気づかれる危険性>

通販→誰にも知られずに購入ができる!

産婦人科→知り合いなどにバレてしまう可能性がある。



アフターピル、低用量ピルを通販で購入することで、病院よりも安く購入できることはもちろん、他にもさまざまなメリットがあります。通販での購入は「周りの人には絶対知られたくない!」という方には特にオススメの方法だと思います。

>>アフターピルの通販はこちら



オススメの通販サイトは?

女性

通販は確かに安く購入できるなど様々なメリットがあると同時に、デメリットも存在するのも事実です。よってアフターピルや低用量ピルなどを通販で購入する際には、信頼のおける通販サイトでの購入がとても重要となってきます。以下が安全度・信頼度の高い通販サイトの判断基準となりますので確認しておいてください。


安全度・信頼度の高い通販サイトの判断基準

・クレジットカードで購入できる
・正規品保証など表記されている
・口コミやレビュー数が多い
・個人情報保護方針がある
・特定商取引法に基づく表記がある
・注文後に荷物の追跡ができる
・製造元、原産国の表記がある
・商品の説明が詳しく書かれている
・電話、メールなどでのサポートに対応している
・万が一商品が破損していた場合の保証
・SSLに対応しセキュリティ対策が万全



アイピルを安く購入(体験談) アイピルを安く購入(体験談)
中絶した夫婦の体験談です。二度と中絶しない為に、アイピルを購入。結婚していても、子供を育てられない事情があるご夫婦は多いと思います。そんなご夫婦にもアイピルはお勧めです。もしもの時のために、是非持っておきましょう。 続きを読む

悩む女性 アフターピルは楽天で手に入る?
普段からみなさんが利用しているであろう楽天やAmazonといった通販サイトからアフターピルを購入することはできるのでしょうか?また通販で購入する際の手順や注意点なども詳しく解説しています。 続きを読む

アフターピルとは?

緊急避妊薬アフターピル(アイピル)

子供を望まないセックスをする場合、避妊は絶対に必要ですが、避妊具の着用を嫌う男性は多いようです。これはアダルトビデオなどの影響もあるのかもしれませんが、膣外射精をするならまだマシな方ですが、情熱と勢いに任せて膣内射精(中出し)でフィニッシュを迎える男性も少なくないようです。

通常、膣内射精をする場合、女性はピルと呼ばれる経口避妊薬を予め服用するものなのですが、これは直前に服用しても効果はありません。21日間毎日飲み続けるという準備が必要なのです。従って、女性に中出ししたければ、お互いの同意の上、この準備が出来て初めて可能となります。

しかし、先ほども言いましたが、今はアダルトビデオがインターネットで氾濫し、性の適切な性の予備知識も無いままアダルトビデオのようなセックスを行ってしまう男性が多いそうです。顔に発射するなどはまだいい方で、意図的でないにせよ、そのまま中出ししてしまうケースがあとを断ちません。カップルならいざしらず、その場の雰囲気でベッドを共にした男性の子供など欲しい女性がいるはずも無く、そうした女性の切り札として、緊急避妊薬のアフターピルというお薬があります。

アフターピルとはその名の通り膣内射精をした後、受精卵の着床を防ぐ為の中用量のピルです。避妊に失敗してから72時間以内に服用することで、妊娠を回避する事ができる避妊薬です。通常のピルは事前に21日間21錠服用する必要がありますが、このアイピルなどの場合、事後に1錠を服用すればいいだけですので、女性がお守りとして常備しておくと便利なお薬です。

もっとも、そうならないのが一番良いので、女性は念のために避妊具とアフターピルをいつも持ち歩くようにしておき、そういう場面になったとき、まず相手に避妊具の使用を要求し、もし、勢いにほだされてしまった場合、最後の手段としてアイピルなどのアフターピルを服用して、困った事態を回避することをおすすめします。


避妊の方法

避妊の方法

避妊には様々な方法があります。

避妊具

最もポピュラーで簡単な方法です。避妊具を装着する事により、避妊だけでなく、性感染症の予防にもなります。ただし、避妊具をしていても感染する性感染症もありますし、破損、破損や脱落装着ミスなどの失敗もありえます。かなりの確率で予防できる方法ではありますが、100%ではないという事を覚えておきましょう。

アフターピル

性交の後、72時間以内に服用する事により、子宮内膜への着床を防ぎ、高確率で妊娠を回避する事ができます。24時間以内の服用であれば95%と言われています。避妊を失敗した場合や、性犯罪に巻き込まれてしまった時に用いられます。その中でも特にアイピルが有名です。

低用量ピル

毎日規則正しく服用する事で、避妊できます。女性ホルモンの濃度をコントロールし、排卵を抑制し、受精卵の着床を阻止して妊娠を防ぎます。海外の普及率は大変高い薬です。しかし、飲み忘れてしまうと効果がありません。

>>アフターピルと低用量ピルの違いはこちら

リズム法

基礎体温の変化や月経周期から排卵日を予測して、その間の性交を避ける方法です。「安全日」「危険日」などとも呼ばれますが、それでも100%妊娠しないわけではなく、体調に左右されるので確実な方法とは言えません。あくまでも参考程度としましょう。

IUS・銅付加IUD

子宮内に器具を入れ、着床を防ぐ方法です。1度の装着で2年から5年有効とされています。一年に一度は定期検診を受けるのが推奨されています。ごくまれに、自然にとれてしまう事もあります。また、出産経験のない女性はあまりお勧めできない方法です。

手術

卵管を縛る事で、卵子と精子の出会いを妨げ、受精できないようにします。手術には入院が必要です。避妊効果は高いですが、一度手術をすると元に戻す事が困難となります。

以上のように様々な方法があります。ちなみに、膣外射精は避妊に確実とは言えません。また避妊具の装着するタイミングが遅くなってしまうと妊娠の危険があります。気を付けるようにしましょう。

避妊と中絶

避妊と中絶

日本は、100人の妊婦のうち22人が中絶していて、この割合は世界一であると言われています。原因は様々考えられますが、最も大きな理由は性教育の遅れです。日本は未だに性教育に対し積極的ではなく、性そのものに関してもタブー視され勝ちです。危険や注意点などはまともに教育されていないのに、インターネットが普及した事により、快楽や楽しい面だけの知識ばかりが入ってきてしまいます。そして気づいたときには、取り返しのつかないような事になっています。

中絶の方法

中絶する場合、妊娠初期の12週未満では、「掻爬法」または「吸引法」が行われます。子宮口をあらかじめ開き、器具や鉗子で胎児と胎盤を除去、もしくは吸引する方法です。通常は15分程度の手術で済み、痛み、出血も少ないので、体調に問題がなければその日に帰宅できます。

妊娠中期の12週~22週未満は、あらかじめ子宮口を開き、子宮収縮剤で人工的に陣痛を起こして、流産させる方法がとられます。体に負担がかかるため、通常は数日の入院が必要になります。また、中絶後は役所に死産届を提出して、胎児の埋葬許可証をもらう必要があります。

中絶のリスク

中絶のリスク

中絶をすると月経異常や不妊症、また、流産や早産をしやすいなどのリスクがあり、回数を重ねるほど体への負担が大きくなります。精神的には勿論ストレスや心の傷となる女性が多いですし、一生忘れる事が出来ない事となります。

また、特に未婚で、女性側は男性が好きで子供が欲しかったとしても、子供が出来たと聞いた途端に離れてしまう男性も少なくありません。世の中には避妊をしたがらない男性が多いですが、そういう男性に限って責任はとってくれません。くれぐれも注意する必要があります。

特に日本では、避妊は男性任せというカップルが多いのですが、女性側でもしっかりと避妊対策をしておく必要があります。もしもの時の為に、アイピルなど緊急避妊薬を持っておくのがお勧めです。また、低用量ピルを飲んで普段から妊娠しないようにしておくのもいいでしょう。自分の体を守れるのは自分だけだとしっかり肝に銘じ、何かあった時に後悔しないようにしておきましょう。

アイピルと低用量ピルの違い アイピルと低用量ピルの違い
低用量ピルと緊急避妊薬であるアイピルは、同じ避妊用のピルですがどのような違いがあるのでしょうか?詳しく解説しています。ご自分に合っている方を選択しましょう。病院以外で購入する方法もあります。 続きを読む

ヤッペ法とノルレボ錠

アフターピルには「ヤッペ法」と「ノルレボ錠」の2つの種類があります。

ヤッペ法

ヤッペ法は中用量ピルを転用したもので「エチニルエストラジオール」と「レボノルゲストレル」を含んだピルを使用します。

安い価格で購入することができますが、嘔吐や下痢などの副作用が強く現れやすく、血栓症になる危険性もあります。このことから現在ではあまり処方されていません。
ヤッペ法には「プラノバール配合錠」や「ドオルトン錠」などあります。

ノルレボ錠

ノルレボ錠はヤッペ法の副作用や欠点が軽減・改善されたものです。
また血栓症のリスクもないとされています。
ノルレボ錠には「アイピル」「マドンナ」「アンウォンテッド72」などがあります。



アイピルQ&A アイピルQ&A
アイピルを服用する前に、知っておきたい事を解説します。購入方法、価格、服用方法、副作用、服用できない方など、気になる点をまとめています。特に初めて飲む方は必ず確認して、正しく服用するようにしましょう。 続きを読む

アフターピルのメカニズム

アフターピル(アイピル)のメカニズム

アフターピルは、どのようなメカニズムで妊娠を防いでいるのしょうか?

受精してから子宮内膜に着床するまでは、通常6日から7日ほど時間を要します。それまでに薬を子宮内膜に作用させ、受精卵の着床を防ぐことで避妊することができます。着床すると妊娠が成立してしまうので、妊娠を避けるには、性交から着床する前の3日前までに服用しなければなりません。


月経に関わる女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2つがあります。エストロゲンは卵巣に存在する卵子の周りにある卵胞の主成分です。約4週間ごとに卵子を1つ成長させ排卵させる事と、子宮の内側を覆う粘膜を厚く作用があります。

また、排卵させない為には、プロゲステロンの濃度を高くして黄体形成ホルモンの分泌を抑制させる必要があります。アフターピルには、プロゲステロンが多く含まれているため服用することで、濃度が高くなり排卵が起こらなくさせます。服用して濃度が高くなると、すぐに子宮に着床し易い状態になります。それでは危険ではないかと思う方もいるかもしれませんが、受精してから子宮内膜に到着するまでには5日から7日ほどかかります。その為、受精卵が子宮内膜に到着する頃には、子宮内膜では既に着床し易い環境が終わっている為、着床しにくくなります。

服用すると、数日から3週間以内に生理が起こるのですが、人によって期間にばらつきがあります。排卵前に服用すると数日後に出血が起こる等、比較的早い時期になる事が多いです。ところが排卵後に服用した場合、出血が起こる時期は遅くなります。3週間以上経っても出血がない場合は、妊娠検査薬で検査をして下さい。 効果は100%でない為、妊娠している可能性があります。

またアフターピルの服用は、喫煙者は控えた方が良いされています。血液を固まり易くする作用がある為血栓が発生し易く、心臓などに影響が出る可能性があります。中には死亡してしまった例もあるので、気を付けましょう。特に35歳以上で1日に15本以上煙草を吸う方は、病院では処方してもらえない事があります。喫煙しない人でも強い作用を引き起こす薬なので、安易に服用するのは控え、本当に緊急な場合のみ服用するようにしてください。

アフターピルの処方について

アフターピルは通販にて購入することができますが、もちろん産婦人科やクリニックなどでも処方してもらうことは可能となっています。
しかし、産婦人科やクリニックなどでは自由に値段を決定することが可能な自由診療となっています。そのため病院によっては高い診察代・治療代を請求されてしまうという可能性があります。


■関連ページ:「札幌でアフターピルを処方してくれる産婦人科一覧
       「銀座でアフターピル!取り扱い一覧

アフターピルを服用する際の注意点

服用する上での注意点としては、以下の記述をご覧になってください。
服用をする前には事前に注意点を念頭においておくことがとても重要となります。


■アフターピルを服用する際に注意しておきたい点

・基本的に72時間以内を目安として服用する
・他の薬との飲み合わせなどに注意する
・必要な量だけを服用する
・副作用に気をつける
・常用は絶対にしない
・服用中は禁酒、禁煙する

基本的に72時間以内を目安として服用する

アフターピルという薬は、基本的に72時間以内を目安として服用するものです。定められた時間の内に服用ができない場合、十分な避妊効果が得られない恐れがあります。また単に時間内に飲めば良いわけではなく避妊に失敗に気づいた時点で、できるだけ早急に飲むことが大切です。

他の薬との飲み合わせなどに注意する

アフターピル服用の際は、他の薬との飲み合わせなどにも注意です。もしも飲み合わせの悪い薬と併用した場合には、効果を十分に得られないばかりか、重大な副作用などを引き起こす恐れもあります。詳しくは併用禁忌薬についての記事をご参照ください。

必要な量だけを服用する

アフターピル服用の際には決められた量だけを服用する事がとても重要です。基本的には1回分を1錠として服用します。沢山飲んだからなどといって避妊できる確率上がるとわけではないです。用法容量を守って服用してください。

副作用に気をつける

アフターピルを服用すると吐き気や頭痛などといった副作用を伴う場合があります。詳しくは下記に記述している副作用についての記事をご参照ください。

常用は絶対にしない

アフターピル常用は絶対に禁止です。女性ホルモンのバランスを急激に変化させるため、常用すると身体の負担になるからです。よって、避妊に失敗したという場合の緊急用としての使用に限ってください。日頃から避妊薬を使用したい場合、低用量ピルをご使用ください。

アフターピル服用中は禁酒、禁煙する

アフターピルを服用中はアルコール類を飲んだり、タバコを吸うことなどはあまりオススメできません。アールコールは効果が弱まったり、副作用に強く影響を及ぼしてしまう危険があるためです。
またタバコは、血栓症のリスクを高めてしまう恐れがあります。よって日常的にタバコをよく吸うという方は、アフターピル服用の際は禁煙することをオススメします。


また次の項では、通販にてアフターピルを購入する際のデメリットを記載しているので合わせてご確認ください。

アフターピル通販のデメリット

通販でアフターピルを購入すると様々なメリットがある一方で同時にデメリットも存在しているのも事実です。よって購入する際には注意する必要性があります。通販購入前にはデメリットをご確認ください。

1.副作用など健康被害が起きても自己責任となってしまう

アフターピルなどをはじめとする医薬品を通販(個人輸入)で購入をした場合、何らかの副作用や健康被害が起きてしまってもでも自己責任となります。従って購入する際は事前にその薬について知っておくことが大切です。

2.注文してから届くまで1~2週間かかる場合がある

アフターピルや低用量ピルなどを個人輸入を代行する通販サイトで購入する場合、多くは海外からの発送となってしまうので、注文して届くまでに1~2週間かかることがほとんどです。そのためすぐに必要な方が購入した場合、72時間以内の服用に間に合わない可能性があります。そのため万が一の時に備え、前もって購入しておくことがオススメです。

3.通販サイトによっては偽造製品を取り扱っている場合もある

通販サイトによっては偽物や品質の悪いものを取り扱っている場合もあります。よってただ単に購入するのではなく、信頼のおける通販サイトを見極めて購入する必要性があります。

アフターピルを正しく使用するために

女性

アフターピルは、通販で病院よりも安い値段で買うことが可能です。しかし、通販には様々なメリットがあると同時にデメリットも存在しています。
よって購入の際は効果、副作用、注意点などを頭に入れておき用法用量を守り、信頼のおける通販サイトにて購入をすることが重要です。

アフターピルの飲み方・服用できない人

アフターピルとしては現在多数の種類がありますが、その中でも処方されることが最も多いであろうノルレボの飲み方を紹介したいと思います。
しかし、これはあくまでも参考程度として頭に入れておき、服用するアフターピルの説明書きなどを読んで用法容量を守った上で飲んでください。

アフターピルの飲み方としては、食後の服用がオススメです。理由としては空腹の状態で飲んでしまった場合、副作用の吐き気などが強く出てしまう危険性があるためです。また、アフターピルには大きく分けてプラノーバール錠(ヤッペ法)とノルレボ錠が存在します。プラノーバール錠は安く購入できる反面、副作用が強く出る恐れや2回に分割して飲む必要があるため飲み忘れてしまう危険性などがあります。
対してのノルレボ錠は、副作用も少ないだけでなく1回だけの服用で済むため飲み忘れ防止にもつながるのです。また避妊効果時間が長いタイプのものも存在するので、多少費用は高くなってしまいますがノルレボ錠の方がオススメかと思います。


次に、アフターピルを服用できない方・服用に注意しなければならない方などを紹介します。下記に当てはまる方は服用してしまうと大変危険となるため自分は該当していないかどうか、しっかり確認しておいてください。


1.妊娠中の方

妊娠中の方、また妊娠しているという疑いがある方、授乳中の方などはアフターピルを服用は禁止です。赤ちゃんに悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。


2.血栓症の方

血栓症を患っているという方もアフターピルの服用は禁止です。血栓症のリスクを高めてしまう危険性があるからです。また血栓ができやすいった方も服用には注意が必要となります。

■参考リンク:血栓症とは


3.ガンを患っている方

乳がんや子宮がんなどのエストロゲンが関わるガンを患う方、またはその疑いがある方はアフターピルを服用できませんので注意してください。
またそれ以外のアフターピルを服用できない方や、服用に注意が必要な方としては下記の記述を参照ください。


■アフターピル服用禁止・注意の方

・年齢が40歳以上である方
・血栓症の方またはその疑いがある方
・妊娠中またその疑いがある方
・心臓に疾患を持つ方
・肝臓に疾患を持つ方
・乳がん、子宮がんなどの方
・肥満の方
・てんかんなどの疾患を持っている方
など



海外医薬品の通販
メニュー
避妊とアフターピル
避妊薬の基礎知識
最近の性事情
トリキュラーは3相性の低用量ピル